自動車保険ってなに?

法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」も自動車保険の1つですが、一般的に「任意保険」のことについて指している場合が多いです。 自賠責保険の補償範囲や補償金額は死亡で3000万円、後遺傷害でも最大で4000万円までと限定されているので、十分な保険金を受け取ることができず残りの賠償額は自腹を切って払わなければいけません。 そこで大切なのが任意に加入できる「自動車保険」というわけですが、補償内容と保険料が保険会社によって違うところがポイントです。

自動車保険の基礎知識

自動車保険の中身は基本的な補償内容と特約、割引制度とロードサービスの4点が基本となります。 基本的な補償には、対人補償、対物補償、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、車両保険があります。 人身傷害保険と車両保険を除けば、おすすめランキングで上位に入っている保険会社であれば基本的に付随される保険となっています。 車両保険は車が壊れた時に修理代を補償してくれる保険ですが、新車や高級車など価値が高い車両に対してはかけるニーズがあります。

自分にぴったりの自動車保険を選ぶためには?

はじめて自動車保険に加入される方やかけ替えを考えておられる方におすすめの選び方は、ランキングから保険会社を選ぶというものです。 おすすめランキングでは総合、保険料、事故対応、サービスごとに人気の保険会社を紹介しているので、重視している項目の上位にランクインしている保険会社を選べば問題ないと思います。 特に通販型であれば保険料も安く設定されているところが多いので、大きく失敗するということはないでしょう。

自分に必要な補償内容を把握されている方には、一括見積もりサービスを利用して複数の保険会社から見積もりを取ることをおすすめします。 ランキングに入っていない会社でも、特性によって保険料が変わるのが自動車保険なので、補償内容や特約を決定した上で見積もりで比較すると最もやすい保険会社を選べます。 また一括見積もりサービスの際にもさまざまなおすすめプランを提案してくれるところもあるので、必ず一括見積もりサービスを利用されることをおすすめします。

おすすめランキングを紹介

自動車保険の加入者による口コミをもとに総合ランキングを紹介しています。

1位「イ−デザイン損保」

・ネット割引でお得になる上に補償内容が充実しているという印象がある。電話での問い合わせにもちゃんと説明してくれたので安心感を持てた。
・補償内容と保険料を見比べて一番良い印象を持てた自動車保険。いろいろな特約などを提案してくれたりサービスがしっかりしているというイメージ。

2位「ソニー損保」

・CMを見て見積もりを取ってみたが走行距離割引がいくつも設定されていて大きく保険料が割引された。
・事故対応がとにかく良い。夜中に事故に遭遇したが近くのホテルを取ってくれたり、タクシーの手配などをしてくれた。

3位「おとなの自動車保険」

・50代の自分には保険料がかなり安くなる保険。他の世代の方には分からないが40〜50代の方はまずは見積もりを取ることをおすすめします。
・子供追加特約や個人賠償責任補償特約など家族にも優しい自動車保険。保険料は安いが補償範囲が広い。

4位「SBI損保」

・保険料がとにかく安くなるので保険料を抑えたい方におすすめできる自動車保険。
・キー閉じ込みをしてしまった場合に無料でかけつけてくれるなどロードサービスも充実している。

5位「アクサダイレクト」

・一括見積もりをしてみた場合に一番保険料が安くなった。補償内容も以前と変わらなかったので安心。
・万が一の対応にしっかりしてくれそうということで加入。ロードサービスや事故対応に期待しています。